次の100年を作るハイエンドモデル

1919年に丸五を送料した藤木伊太郎の名前を冠したハイエンドモデル「ITARO(イタロ)」。厳選された素材を使用し、新たに開発された足型でより履きやすく、より足が奇麗に見える設計には今までの100年の知識と経験が積め込まれています。

MADE IN KURASHIKI

倉敷の自社工場で職人が一足づつハンドメイドで作っています。足袋の指先は手仕事がないとできない繊細な技術が要求され、特にレザーは皺が寄らないよう一針一針時間をかけて仕上げています。

足を整える〝足袋型〟

現代人の足指は靴の中で固まることで、足裏のアーチが崩れ、膝や腰への負荷が高くなっているケースが見受けられます。TABIシューズに足を通すと自然な形に指が開き、アーチが整うことで足底筋膜が刺激され、足裏本来のクッション性回復に繋がります。

ベースは100年間培ってきた木型

普通の靴のつま先を割るだけでは、足指にとって快適な空間は確保できません。 私達のTABIシューズは100年の歴史で培ってきた、長時間履いてもつま先が痛くならない地下足袋専用の木型(ラスト)をベースに作られています。

アッパー素材

<牛ステアレザー>
アッパーは強度と柔らかさを併せ持つ国産レザーのステアを使用。線維の質や密度が均質で丈夫、触れた時に心地よいハリを感じていただけるレザーです。

インソール素材

裏地には柔らかく通気性に優れるピッグスキンを使用。また、消臭効果が期待できるヒノキの粉を配合したインソールが付属しています。

アウトソール

このモデルのために特別配合された合成ゴムを使用。耐久性に優れながらも固すぎず、足の動きを妨げない適度な柔らかさを持っています。オリジナルのソールパターンは足の滑りを防ぎ、しっかりと地面を踏みしめることができるデザインです。

サイズの選び方

履いた時に爪先に0.5cm~1.0cmのスペースがあるサイズをお勧めしております。
詳しい足の計り方についてはこちらをご参照下さい。